TOP > 外国人の技能実習制度とは

外国人の技能実習制度とは

外国人の技能実習制度とは、日本で培われた技術などを、開発途上国への人材育成を支援することを目的とした制度のことです。

日本は先進国として国際社会との調和を図っていったり、開発途上国の経済発展を協力する目的も持っています。

こちらの制度は外国人が出入国管理及び難民認定法の技能実習の在留資格をもった上で日本に在留し、技能などを修得する制度で平成5年に創設されました。

このカンボジアの研修生の情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

技能実習制度の仕組みですが、外国人を日本で一定期間(最長で3年間)に限受け入れ、現在では全国に約17万人在留しています。

外国人実習生の受け入れ方法には2つの種類があります。


一つ目は企業単独型タイプといわれるものになります。
こちらは日本の企業が海外の現地法人や取引企業の職員を受け入れて技能実習を行うタイプのものです。

もう一つは団体監理型タイプです。
非営利の監理団体(商工会や事業協同組合)が技能実習生を受け入れ、傘下の企業で受け入れを実施します。
主に厚生労働省職業安定局が開いている人材サービス総合サイトなどで検索することが出来ます。

お手軽にカンボジアの人材派遣情報は見逃せません。

この制度の主な職種としては、耕種農業(施設園芸、果樹)、漁船漁業(延縄漁業、曳網漁業、かに・えびかご漁業、刺し網漁業9、牛豚食肉処理加工業(牛豚部分肉製造作業)、惣菜製造業(惣菜加工作業)、座席シート縫製(自動車シート縫製作業)などがあります。


技能評価試験も実施されます。

厳選したカンボジアの技能実習生を詳しく調べるなら便利なサイトです。

また監理団体により監査も実施されます。