• 物資の劣化を防ぐ!定温輸送の重要性

    • 物流の世界にはさまざまな輸送方法が存在します。

      OKWave情報を集めたサイトです。

      その中でも利用されることが多いのは、定温輸送と呼ばれる手法です。定温輸送では一定の温度を維持したまま物資の輸送を行ないます。

      この方法で送ることにより、運搬する商品や食料の品質を下げずに届けることができるのです。

      一般的には常温より低い温度を維持して送ることが多いです。

      低温を保つことは、生ものや劣化しやすい資材の運搬で大いに役立つからです。

      繊細な工業部品や薬品なども劣化しやすいので、この方法で送られることが増えています。


      特にそれらを長距離にわたって運送する場合は、必要不可欠といえるでしょう。

      短距離であっても、夏場にアイスや冷凍食品を輸送する際にも定温輸送が行われます。しかし高温による定温輸送も行われないわけではありません。寒冷地への物資の輸送では、よく高温を維持したまま送ることがあります。

      通常の方法で輸送するだけでは、到着時には物資が凍り付いていることが多いからです。そうなると物資を解凍しないと使えませんし、凍結したことによって破損してしまうことも珍しくありません。

      凍結を防止することが目的の場合は、高温ではなく凍らない程度の温度を維持するだけで十分な場合もあります。



      どの程度の温度が必要かは、送る物資や到着後の使用パターンによって変わるのが一般的です。

      医薬品の輸送が今、話題になっています。

      以前はそのような温度調整は技術的に難しいこともありましたが、今ではそのようなことはありません。


  • 初心者向き生活

    • 医薬品の輸送について

      医薬品の輸送は考えるほど簡単なものではありません。ほとんど全ての医薬品は、品質を保つために温度や湿度の範囲というものが定められています。...

  • わかりやすい情報

  • 生活のコツ・最新考察